南大牟田病院
ホーム > 病院のご案内 > 訪問サービス

訪問サービスとは?

 通院が困難な患者さんに対して、医師による訪問診療の他に、看護師による訪問看護や理学・作業療法士による訪問リハビリ、薬剤師による訪問薬剤、管理栄養士による訪問栄養を定期的にご自宅へ訪問し、診療や指導を行っています。
 当協会では、医療と介護の連携の下、診療や指導の各訪問をひとつのチームとして考え、定期的にカンファランスを行い、今後の診療や看護ならびに介護計画に役立てています。 

 

 

 

 急速な高齢化とともに、医療と介護の問題が老後の最大の不安要因となっています。看護・介護が必要になっても、残された能力を活かして、できる限り自立して尊厳をもって生活できるようにすることはみんなの願いです。家族だけで支援することは、非常に困難になっています。
 当協会ではみなさんの在宅生活を支え、みなさんの希望を尊重し、総合的なサービスを提供してみなさんの安心を支えます。

訪問の種類

訪問の種類 内  容
訪問診療 担当医師が訪問して診察をします。
※ご利用については、担当医師にご相談ください。
訪問介護 訪問介護員(ヘルパー)が身体介護や生活援助を行います。
訪問看護 医師の指示により、看護師が状態の確認と指導をします。
訪問栄養 管理栄養士が医師の指示により栄養バランスやカロリー、料理方法を指導します。
訪問薬剤 薬剤師が医師の指示により薬の服用を指導します。
訪問リハビリ 理学・作業療法士が医師の指示により、自宅にてリハビリの指導をします。

 

 ※ご利用については、ケアマネージャーにご相談ください。

 

 

メニュー

公益財団法人 南大牟田病院